2006年04月30日

◆空飛び猫

今日は、飼い主の好きな猫にまつわる物語をひとつご紹介

空飛び猫

「空飛び猫」 アーシュラ・K.ル・グウィン(著) 村上 春樹(訳)

このお話は仲よし4兄弟、セルマ、ロジャー、ジェームス、ハリエットという翼をもって生まれてきた猫たちの物語。荒れた街から森へ飛んでいった彼らはハンクとスーザンの心やさしい兄妹に出会うのです。ル=グウィンの世界を村上春樹さんが美しい日本語に翻訳した素敵な童話です。

空飛べる?
(本日はあーとな雰囲気で絵本風にー(長音記号2)

空飛び猫はシリーズとして今までに4巻(「空飛び猫」「帰ってきた空飛び猫」「素晴らしいアレキサンダーと空飛び猫」「空を駆けるジェーン」)出版されています。 ル・グウィンといえば「ゲド戦記」をはじめとするSFファンタジー作家として大変有名ですが、こんなにステキな優しい猫にまつわるファンタジー童話も書いておられました。
(ワタクシにとっては「闇の左手」が忘れられない作品・・・)

またそのステキな文章を村上 春樹さんがこれまたステキな言葉で翻訳されている という大変贅沢な一冊。 猫好きさんには是非読んでみていただきたい一冊です。

羽根ほしぃ。。。
(ぼんちゃん写真をちと加工顔(ペロッ)

猫にまつわる物語って・・・ 実は結構あったりしますので、これからもぽちぽち紹介していこうかな。と思ってます。


今日のごはん サンプルご飯MIX 20g(朝) 
INNOVA EVO 20g(晩) おやつは山羊ミルクぼうろ5粒 体重は3.4kg 


明日はまた りぼんちんの写真復活予定です
お楽しみにるんるん  アートなぼんちゃんにもぽちっとねぴかぴか(新しい) 

いちにちいちポチ♪ ← Blogランキング参加中です♪  よろしくお願いしま〜す

ぽちっとにゃ♪ ← 猫ブログにもぽちっとね♪

ニックネーム ちょし at 00:02| Comment(20) | TrackBack(0) | 猫にまつわる物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白そうですねぇ、一度探してみようっと
猫を飼う前は猫の本って全く興味なかったんですけど今はメチャクチャ興味あり!!
また色々教えてくださいね〜
Posted by ドラミッタム at 2006年04月30日 00:55
ちょしさん、おはようございます!
本はあまり読まないんですけど、猫が出てくるのなら読めそうかな♪
アートなりぼんちゃん可愛いですね!
私も写真加工して休み中やろうかなぁと思っていたところでした。
いつもとはまた違う雰囲気で可愛いですね!
私もやってみようっと!
Posted by マッキー at 2006年04月30日 09:10
アートなぼんちゃん、ほんとに絵本の中のにゃんちゃんみたい。
今にもお話しそうですね〜。
Posted by Yummy at 2006年04月30日 09:20
ドリームなぼんちゃんかわいい〜
童話か〜おもしろそうですね。
私は動物が主人公の映画とかは
涙腺壊れちゃってみれないんですけど
童話なら大丈夫ですよね。
この間もウッカリ、レミオロメンの
曲をカラオケで歌ったら本物のプロモで
子狐ヘレンの映像が流れていただけで
ないてしまいました(涙)
Posted by wall [猫の手もお借りしたい] at 2006年04月30日 10:56
村上春樹さん(訳)の 空跳び猫・・必ず探します。2枚めの写真夢が有って好きです。
Posted by ユーミン at 2006年04月30日 14:38
>村上春樹さんが美しい日本語に翻訳
まさしくそうですね。
美しい日本語が消えつつあるので、
せめて絵本や童話の中の言葉は美しく
あって欲しいですね。
りぼんちゃん、アートな世界でもキュート!!
Posted by poco at 2006年04月30日 15:26
アートなりぼんちゃん、ラブリー♪
こういう加工、
面白くってついやっちゃいますよね。
アートになり過ぎて、
誰だか分からなくなったこともありますが…。
ケータイの画像加工だとコーヒー缶のラベルになるのもあって、
かなり笑いました。
Posted by hnbcociio at 2006年04月30日 16:05
今日のりぼんちゃん、アートが施されていてとてもステキ☆

なんか魅力的な一冊ですねぇ。
探して取り寄せてみようかな。
Posted by ちー at 2006年04月30日 17:30
良いですね~~(*^。^*)私も探して見ます〜〜"^_^"
童話って何でもそうですがほんとに夢がありますよね〜〜(^_-)-☆

ぼんちゃんの加工写真!!
何かとても素敵なんですが~~ヽ(^o^)丿
私は出来ないので羨ましいですよ〜〜(*^。^*)
Posted by yoko at 2006年04月30日 17:58
アートなりぼんちゃんステキですね
猫が登場する本は沢山あると思うのですが
あまり紹介されることって
私の周りでは少ないようですので
是非参考にしたいと思います
Posted by はる吉 at 2006年04月30日 18:17
◆ドラミッタムさん
えへへ。 この本はホントにみじかーい 絵本のような本ですの。
気に入ってもらえたらうれしいな。。
また折を見て猫が描かれている本 紹介しますねー
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:08
◆マッキーさん
うふ。
この本は 本ともいえないくらいの短い絵本みたいな感じです
小さいお子さんでも楽しめると思うので是非ご家族で♪
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:08
◆Yummyさん
ちょっとぼんちゃん写真で遊んでみました(^^;;
いつもとは違う雰囲気 楽しんでいただけまして?
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:08
◆wallさん
童話 というか・・・ うん 絵本ですな
もちびっ子でもあっという間に読めちゃうような感じかな(^^)
やっぱりコドモと動物モノってのに人は弱いのですよね。。
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:09
◆ユーミンさん
まぁ なんだか固い決意表明をお聞きした気がします(笑)
村上春樹さん お好きなのでしょうか??
彼も猫好きさんなのですよね(^^)
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:09
◆pocoさん
おっしゃる通り、美しい日本語って目にするチャンスも減ってきていますよね。
この作品は非常に短い作品ですが・・・ 言葉に気を使って書かれている作品だとおもいますよー
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:09
◆hnbcociio さん
なんと コーヒー缶のラベルですか! コーヒー缶のキャラクターになったチョビちゃんとか。。 楽しそう♪
最近は楽しいことができるんですねぇ。。 我が家のソフトではこうやって遊ぶのが精一杯でしょうか(^^;;
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:10
◆ちーさん
結構前に出版されているものなんですけどね (^^;;
本当に短いどうといったことのない作品なのですが、、、 好きなんですよね(笑)
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:10
◆yokoさん
はい チャンスがありましたら是非お読みください。 絵本に近いので、あっという間に読めちゃいますが暖かい作品ですよ(^^)
ぼんちゃんの写真加工。 ちょっと雰囲気がいつもと違うのをお楽しみいただけましたかぁ?
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:10
◆はる吉さん
ふむ。
そうですね。 猫が主人公ではなくとも、脇役として活躍していたり 猫の存在がキーになっている作品って何気に多いのですよね。 私のしっている作品もそう多くはないですが・・・ ぼちぼちご紹介したいと思いまーす
Posted by ちょし at 2006年04月30日 23:10
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/284954
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック